- 李白 蔵元日記 - 社内の出来事 忍者ブログ
島根県の地酒、李白酒造の蔵元による日記    李白のあれこれや、日本酒のあれこれを紹介します
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8


春に冷蔵倉庫ができ、ただ今しっかり稼働しております。

( ↓ これですね )

 

結局冷蔵倉庫の中はどうなったのか??
というと…

ダダ――ン!


このような感じです。
3段積みまでいけますので、まだ入りますね。
うちの冷蔵品もこっそり入れておこうかな~♪

 

これだけ整列していると気持ち良いものですね。
さて、ここで眠らせていてもしょうがないので、出荷、出荷!

PR
昨日はご近所さんでもある児守稲荷さんの宮練りがありました。

蔵の上から撮影 ↓



わっしょい、わっしょいとおみこしがやってきて、李白酒造も賑やか。



李白から振る舞い酒。
やはり神事に酒はつきものです。

 

そしておみこしはまた次の目的地に向かい…
こうして町中を練り歩くのです。


気持ちよく晴れたそらのもと、お迎えが出来て良かったなぁ。
また来年もよろしくお願いしますね。
と、見送ったのでした。


大寒波!来ました!!

暴風雪だ、大寒波だ、と騒がれ、かなり構えておりましたが、
こちら松江ではたいしたことなく、
少々拍子抜けしております。



雪だってほら、ごらんの通りあまり積もってない…。
(佐藤が雪かき中)

雪は確かに乾いた雪で、
歩くにしても歩きやすい雪質でした。

そして、家の手水が凍りまして。
久々にそういう光景を見たので、「冬ってこうだよね!」と思ったのでした。

全国的に大きな被害もなかったようで、良かったです(^^)
本年も今日で終わり。

試飲コーナーの営業は
本日31日 … 10時~17時
1月1日~3日 … お休み
1月4日 … 10時~17時  (1月5日以降は通常通り)
となっています。

お陰様で2015年も良い一年でした。
ブログを読み返せば、一年前のことが昨日のことのように思い出せ…るほどの記憶力はないですが、楽しい一年、本当にあっという間でした。

李白酒造でも正月の準備が無事に終わり、
新しい一年を気持ちよく迎えられそうです。

↓大量のしめ飾り


飾るところがたくさんあるのです。



もちろん、お掃除も。




何もできない人は見て勉強。

本年もご愛顧をいただき、誠にありがとうございました。
来年もまた変わりませずよろしくお願い申し上げます。

それでは、良いお年を。



お酒を搾る道具を槽(ふね)といいます。

アコーディオンのようなタイプと、上からプレスするタイプがあります。
↓こちらはアコーディオンのような圧搾機。



↓上からプレスするタイプの槽。



こちらは槽の中に醪の入った袋を並べ、上からプレスします。



こちらの槽は、この夏、大型冷蔵施設を建てるにあたって取り壊した建物の中にありました。
…ということは!
李白には夏から槽がなかったわけで。

買いましたよ!
槽!



なので、新しく場所を作り、工事入って設置。



しかも、二台分の場所。

 

そう!今まで一台だったのですが、一台増やして二台にしたのです!!

 

さて、これ使う初日が楽しみです!!
ドキドキ…



12月に入り、贈答品の注文もどんどん増えています。
ありがとうございます。

12月に入るとすぐ蔵に装飾が施されます。



 ↑ これ。垂れ幕。

「贈答にいかがですか」のアピール。


この垂れ幕、えらく高いところにから吊るしてあるのですが…
どうやって…?

はい。
↓ちょうど降ろすタイミングに出くわしたので、撮ってみました。
 ズルズル…と垂れ幕が下がってきます。

 

と、よく見ると…

人だ!
うちの元気印の平井だ!



こんなに高い屋根の上に上がってごそごそと降ろすんでよ。
ちなみに、私は下から
「向かって右が下がってる!上げて!」
「もっと、もっと!」
「右肩上がりでいきましょや!」
と、叫ぶ係。

見ているだけで足がすくみますが、
これがかけられると、12月って感じがします!!



以前に紹介しました陳さん。
過去の記事←クリックして閲覧)



蔵でバリバリ働いてもらっています!!




今日も笑顔でお仕事中!!







先月、近くの小学校から2年生の児童が授業の一環でいらっしゃいまして、
いろいろ質問を受けておりました。

先生に事前に何を目的にした学習ですかということを聞いていたのですが、
街のお店ということで、自分たちの住んでいる街にはどんなお店があって、
どんな匂いや音がするかも感じてもらいたい
ということでした。

確かにうちには、たくさん音、匂いのするところはあるのだけど…
どこを案内しようか…

精米所? ここなら機会の ゴゴン、ゴゴン、ゴゴン…という音や
米が流れる シャッ、シャッ、シャッ… っていう音、
それに糠の匂いもしてくる。



それとも蔵の仕込み部屋?
ここなら醪がプチプチいう音、お酒のいい香りが感じられる。
(でもここは危険)



ここは?詰場。
ここは瓶の音が ガチャン!ガチャン!ガチャン!…
蒸気の音が シューーーッ!!
そしてお酒を温めた時の香りがたちこめる。



うん、ここがいいかも。



と、いろいろ考えてみたのですが、
本当にいろんな音と匂いがあるなぁと改めて思わされました。

いつも過ごしている場所で、仕事ばっかりじゃなくて五感を使ってその「場所」を
感じてみるというのもいいものです。
より一層、その場所に愛着が沸くかも。仕事がもっと楽しくなるかも。

と、まったく目線の違う子供たちのことを考えていたら、
逆に自分のため(気づき)になったのでした。



プロフィール
HN:
りはく
HP:
性別:
非公開
職業:
造り酒屋
自己紹介:
島根県松江市で125年間日本酒を造っております。
銘柄は「李白」。
このブログでは「李白」で起こったあれやこれや、いろいろ紹介していきます。

島根県松江市石橋町335
(代表:0852-26-5555)
(試飲コーナー:090-9733-8539)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[07/06 一文字]
[03/20 ケロちゃん]
[01/23 ケロちゃん]
[08/12 ケロちゃん]
[02/26 ケロちゃん]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]