- 李白 蔵元日記 - 李白商品 忍者ブログ
島根県の地酒、李白酒造の蔵元による日記    李白のあれこれや、日本酒のあれこれを紹介します
[1]  [2]  [3

本日よりひやおろし販売開始です!

●李白 特別純米 ひやおろし

 通常搾り上がったお酒は約一年熟成させ、出荷します。秋限定の「ひやおろし」は冬に搾ったお酒を夏の間だけ熟成させたお酒です。まだフレッシュ感が残り、程よく熟成されたこのお酒は、秋だけのお楽しみです。
(販売期間:9/1~11/15)
1800ml:2592円
720ml :1296円 (税込)



PR


6月に入りました!!

6月といえば、毎年恒例になりました 夏季限定のやまたのおろち生の販売がはじまります!
もちろん、今年も本日より。

李白 特別純米 辛口 やまたのおろち(生) は、通年販売している商品ではありますが、
夏になると夏用に特別囲いしたお酒に切り替わります。
通常のやまたのおろち生よりも、さわやかでフレッシュ感あります。
しかしながら、李白の特徴「うまみ」はしっかり忘れません。

期間限定品ですので、お早めにどうぞ!



試飲コーナーでも、おろちが待っています!


本日プチ撮影会。(奥座敷にて)



しぼりたて にごり酒 とありますが…。
昨年までと瓶の色、ふたの色が違うのです。だから改めて商品写真どり。
昨年までは擦りガラス&白キャップだったのですが、
今年は昨年までと製法を変えたので、特殊瓶&キャップに変更することになったのです。

昨年までと製法を変えたことにより、より新酒らしいフレッシュさを感じていただけるようになります。

ただし!
注意事項が!!
まず、振らない!開栓時はゆっくりと開栓していただくこと!
そして横倒しにして保存しないこと!
以上を気を付けていただきたいのです。

↓こんな瓶。キレイですね。



あ、実物(お酒)はまだ発酵中で出来ていないので、中身は水です。
本物は従来通りの薄にごりです。

そして栓に通気口がついていますので、横倒しにするとジワッと…



えらく厳重に見えますが、製法を変えたことにより事故が起きないための
「念」ですので、爆発することはないと思います(笑)

それでは皆様、発売をお楽しみに!!
はい!私も楽しみです!!
発売は12月初旬ですよ!!




大好評!李白のTシャツ!

 

夏はやっぱりこれだぜ!

…ということで、この度新しく子供用作りました。

子供用!!
チビでも着れる!!
ばんざーい!ばんざーい!!

 

子供用、あったらかわいいよね~と社内でワイワイ言ってから数年が経ち、
とうとう本当に作っちゃいました。
大人と同じデザインです!
いや、むしろ英字の色が大人より少々渋めに仕上がっています。

 

前はこんな感じ



肩のロゴはありません。
サイズは 90、100、110、120、130、140、150 (各2400円)
160cmはすでに商品としてある大人用のSSと同じですので肩のロゴ入りです。

↓ ちびっこモデル 2歳半 100サイズ着用 (ホントは90がピッタリサイズ)



この夏のクールなカジュアルアイテムに!ぜひ!

にほんブログ村 酒ブログへ
秋が深まり、もう12月も目の前。

ひやおろしの販売が終了しました。
次はしぼりたてですが…。
しぼりたてが搾りあがるまであとちょっと。
「待て」状態で、犬の気持ちが少しわかるような…。

さて、先日イメージ写真撮影をしました。

縁側にテーブル置いて… ゴチャゴチャゴチャ…



って、モデル秋限定の「ひやおろし」!!
今更っ!!

いやいや、ようやく秋の小道具が揃いましてね、
「ひやおろし」のグラビア写真を撮ることができたというわけです。
写真は来年用。

秋の宝箱を開けると… 秋のお宝たちがぞろぞろと行進しだした。



そんな物語を考えて、ロマンチックな気持ちで撮ってみたりして♪

葉っぱなど、全部本物です。
今年は本当にキレイな葉っぱがたくさんありました。

ちょっとぼかして、ムードある感じに。



来年の「ひやおろし」発売の案内(HP内)に挙げるのがたのしみです。

…来年か。 とほほ。


李白ってどんな酒? → http://www.rihaku.co.jp/
李白の銘酒ランクに投票 →  http://www.finito-jp.net/vote1-1/comvote.cgi?id=rihaku
にほんブログ村 酒ブログへ

秋だけに出会える魅惑のお酒
「ひやおろし」 があなたを待っています。

9月中旬~11月中旬までの限定商品です!

通常お酒は約1年熟成させて出荷しますが、
このひやおろしは冬に出来たお酒を夏の間だけ寝かせた(半年熟成)のお酒です。

未だ少し若々しさの残る 軽い口当たりと、ほどよい熟成具合が魅力のお酒です。



李白 特別純米 ひやおろし
1800ml 2592円
720ml 1296円


試飲コーナーもすっかり秋らしく。



先日の山行ではやはり、どんぐりと栗ぐらいしかそれらしいものが手に入りませんでした。
ひろったどんぐりはつまみ風に盛り付け。

秋らしい写真撮影ももうすこし待たなきゃだめかな~。


李白ってどんな酒? → http://www.rihaku.co.jp/
李白の銘酒ランクに投票 →  http://www.finito-jp.net/vote1-1/comvote.cgi?id=rihaku
にほんブログ村 酒ブログへ
先日お客さまより
「月下獨酌ってどういう意味ですか」と聞かれ、
コレコレこうで…
と、調子に乗って詩の話までしてみたら、
「素敵ーー!!いつも以上においしく飲めそう!!」
と、喜んでいただきました。
李白の商品の中にはいくつか李白の詩に因んでつけた名前がありますが、
「そういえばブログでもあまり詩の話したことなかったなぁ。」
と思っておりました。

なので、軽く、かる~くですよ?
解説をしたいと思います。
「違う」というところがあれば、ご指摘いただければと思います。

第一弾はこちら↓

月下獨酌(げっかどくしゃく)



花間一壷酒  獨酌無相親    花間一壷の酒 独酌 相親しむ無し
擧杯邀明月  對影成三人    杯を挙げて明月を迎え 影に対して三人と成す
月既不解飲  影徒随我身    月既 飲を解せず 影徒に我身に合う
暫伴月蔣影  行楽須乃春    暫く月と影とを伴うて 行楽 須らく春に及ぶべし
我歌月徘徊  我舞影零亂    我歌えば月徘徊し 我舞えば影 零亂
醒時同交歡  醉後各分散    醒時 同じく交歡し 醉後 各 分散す
永結無情遊  相期邈雲漢    永らく無上の遊を結び 相期して雲漢遥かなり

以上が原文です。

さて、これを簡単に訳してみますと…

花に囲まれ親しい者もいないので、一壷の酒を一人で酌している。
それもやるせないので 杯を挙げて月を招き、自分の影も交えると、仲間が三人になった。

もとより月は酒を飲まず、影は私の動きに合わせるだけだ。
まぁともかく 暫らく月と影とを従えて 春が去る前に行楽しよう。

私が歌えば月は浮かれ、私が舞えば影はふらふら踊る。
素面の間は一緒に楽しみ、酔いが回れば皆それぞれ別れていく。

この人間離れした仲間と長く親しい付き合いをし、
再会しようと約束したのは 遥かな天の川だ。


様々な解釈あろうかと思いますので、必ずしも正解ではないかもしれませんが、
意味合いとしては以上のようなことです。

あぁ~、なんて素敵な詩でしょう!!
月下獨酌のラベルを見て「一人で飲むなんて寂しいね」って言われるかたもいらっしゃいますが、否!!
楽しい詩ではないですか!
一人でも春のお酒を楽しむ、一人でも一人じゃない、その心が素敵!!
皆さんも想像の翼を広げ(←朝の連ドラの影響)、この詩を思い浮かべながら
月下獨酌をお楽しみください。



李白ってどんな酒? → 
http://www.rihaku.co.jp/
李白の銘酒ランクに投票 →  http://www.finito-jp.net/vote1-1/comvote.cgi?id=rihaku
にほんブログ村 酒ブログへ

さて、例の古い盃 and お猪口の話の続きですが…。

盃(ミニ)はこんな状態で出てきました。
う~ん、ほどくのが惜しい感じ。



盃(ミニ)の柄はこんな感じ。



サイズも中の柄もかわいいです。

まぁ、絵柄ずれてますけど。

実はこのノスタルジックシリーズ、ほとんどが歪んでるんです。
いや、むしろどれが正解なのかよくわからないくらい。

 

なんか、柄がちんまりしてたり…
右の画像なんか、濡れているように見えますが、薬のかかりにムラがあるだけ。
ヒドイ…。

平盃については印字がずれていたり、円が歪んでいてヒラヒラして見えるものがあったり。

一番すごいのが猪口。




これは「楕円」か!?というものまで。

しかし、こう並べて眺めてみると・・・
なんだか小学校の教室みたい。

ひとつひとつに個性があって見ているうちになんだか愛しい気持ちがわいてきます。
一番劣等生に見える盃(ミニ)の薬にムラがある子はうちにもって帰ることにしました。
大切に使います。

一見「えっ!?」って思われるかもしれませんが、
色々比べてみてお気に入りの子を見つけていただきたいと思います。
そして末永く大切に使ってやって下さい。

ちなみに…
盃(ミニ)は一枚150円(4枚セット500円)で。


猪口は一個150円(4個セット500円)で。

李白パートの竹澤さんが「私欲しい!」と猪口を一個連れて帰り、
次の日なんと針山になって帰ってきました。
「かわいい!!」と評判が良かったので、増産してもらいました。
こちらは一つ250円で。



どれも現品限り。
一番数がすくないのが猪口。
その次が盃(ミニ)。
そして平盃。

皆、いいところに嫁いで、かわいがってもらうんだよ~。


李白ってどんな酒? → 
http://www.rihaku.co.jp/
李白の銘酒ランクに投票 →  http://www.finito-jp.net/vote1-1/comvote.cgi?id=rihaku
プロフィール
HN:
りはく
HP:
性別:
非公開
職業:
造り酒屋
自己紹介:
島根県松江市で125年間日本酒を造っております。
銘柄は「李白」。
このブログでは「李白」で起こったあれやこれや、いろいろ紹介していきます。

島根県松江市石橋町335
(代表:0852-26-5555)
(試飲コーナー:090-9733-8539)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19 20
21 22 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[03/20 ケロちゃん]
[01/23 ケロちゃん]
[08/12 ケロちゃん]
[02/26 ケロちゃん]
[02/20 ケロちゃん]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]