- 李白 蔵元日記 - 忍者ブログ
島根県の地酒、李白酒造の蔵元による日記    李白のあれこれや、日本酒のあれこれを紹介します
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12


6月に入りました!!

6月といえば、毎年恒例になりました 夏季限定のやまたのおろち生の販売がはじまります!
もちろん、今年も本日より。

李白 特別純米 辛口 やまたのおろち(生) は、通年販売している商品ではありますが、
夏になると夏用に特別囲いしたお酒に切り替わります。
通常のやまたのおろち生よりも、さわやかでフレッシュ感あります。
しかしながら、李白の特徴「うまみ」はしっかり忘れません。

期間限定品ですので、お早めにどうぞ!



試飲コーナーでも、おろちが待っています!

PR


さて、昨日は蔵開き酒蔵エリアを紹介しましたが、
お次は「食と物販エリア」の紹介です。

こちらはゆったり食を楽しんでいただけるように、
広めになっております。


こちらの目玉は鼕です!
石橋町の鼕がドンドンと鳴り響きました!!

すごくいい雰囲気!!

誰でも参加可能ということで…
社長が率先して参加!(もしかして初めてたたくのでは?)


老若男女誰でもOK!


若者大歓迎!!


ピーヒャラドンドンと、本当に楽しい音が響き渡りました!


食はというと、珍しいのがあご野焼き実演販売。(寿隆蒲鉾さん)


普段は皮がしわしわのあご野焼きしか見ませんが、
焼きたてのあご野焼きは中がふわっとしていて、皮がぷっくりとしています。


物販では作家さん手作りの素敵な酒器や陶器がならびました。
酒粕クッキー、味醂粕クッキーも人気!


N-craft(李白スタッフの中倉作)の
「李白 笑って答えず」(焼酎)が入っていたオークの樽で作った作品。
いわゆるバレルクラフト。


そしてそして、噂の味醂を使ったうわさの「李白みりんのロールケーキ」
こちらも目がけていらっしゃったお客様もたくさんいらっしゃったようです。

他には、おどん(かば)、牛肉炭火焼き、チキンピラフ(やだぱん)、
手作り小物(M+)、からあげ、フライドポテト(佐香や)、
ネギみそはさみ揚げ、豆腐コロッケ(だいず村)、松江しじみラーメン
(まつえラーメン)、あかてん(MISORA)などなど、盛りだくさんでした。

もちろん、李白の有料試飲も試飲↓



楽しかったという声をたくさんいただき、私たちも嬉しい限りです。
初めての蔵開きという事で、かなりドキドキしていましたが、お陰様で
無事に終わることが出来、ほっと一安心しております。
来年はさらに楽しんでいただけるよう、工夫を重ねてまいります!!

今年ご来場できなかった皆様、ぜひ来年はおこしくださいませ!


4月9日(土)は蔵開きでした。
開催が決まってからずっと心配だった天気にも恵まれ、たくさんの方々にご来場いただきました。

蔵開きは10:00ぴったりの鏡開きでスタート!


鏡開きのお酒は振る舞い酒となりました。



敷地の都合上、「酒蔵エリア」、「食と物販エリア」というように
エリアを二つに分けさせていただきました。

まずは、酒蔵エリアのを紹介いたします。

酒蔵エリアでは李白のお酒に関するアレコレと、
石橋町の商店会の出店アレコレを集めました。


こちら、李白の有料試飲。

李白の定番商品の試飲(90ml)100円~ や、
プレミアムSAKEとして、高級酒や20年物の斗瓶囲い等、普段飲めないお酒、
販売していないお酒をお出ししました(60ml)500円~

そして、石橋町コーナー

パンェブールさんの山田錦を使った米粉パン色々、
石川屋さんのホタルイカたまり漬や揚げ団子、いなり寿し、

山根菓子店さんの桜餅(その場で皮を焼いてくれます)、
李白のお酒を使った酒饅頭、
ほんがほんがさんのコーヒー、


休日の昼となると行列ができる日もある人気蕎麦屋のきがるさん、
うちたてゆでたて蕎麦を出していただきました!


そして、酒蔵くるり探検では、蔵を開放しました。


普段は見られない蔵の内部です。


たくさんの方に入っていただきたく、「ツアー」というかたちは取らなかったのですが、
ただ見るだけでは面白くないので、ところどころにクイズを用意しました。


他にはお酒の販売や、
数量限定「お楽しみ福袋」の販売(5000円、10000円)
当日朝搾って、その場で詰めて、販売した本日限定の「直詰の酒」
(特別純米酒1400円)
楽しい楽しい記念撮影コーナー、などなどあり、
 

なのですが、中でも一番人気だったのが酒粕詰め放題。
行列。

がんばって詰めれば1.7Kg入るという開催前の実験結果がありますので…
みなさん真剣!


多めに準備したつもりの酒粕も蔵開き終わりごろにはほとんどなくなってしまいました。

と、以上が酒蔵エリアの催しでした。
さて、お次は食と物販エリアですが…
長くなりそうなので、また明日。

今年の酒米の精米はこれで終わりとなります。



蔵がこれから少しずつ静かになっていきますが、
まだまだもろみは蔵の中で発酵中。
気が抜けません。

四季のをすごく感じる酒造り、風情があって良いものです。

本年も香港CitySuperの酒フェアに参加してきました!!
今年で17回目になる酒フェアですが、李白は一回目から
(いや、本当は酒フェアと名の付く前から)参加させていただいています。

↓メイン会場となるTimesSquea(時代廣場)の催事広場



毎年工夫がこらされたブースが用意されていますが、
今年は「全国酒蔵めぐり」といった趣向。


(↑画像に指が映り込みました(笑)スミマセン)

催し自体は10日間ですが、4,5,6の3日間だけは蔵元も集まり、
にぎやかになります。





City'superのFacebookオフィシャルページにて、参加蔵元がご覧いただけます。
   ↓ 「2016年3月4日」をクリックしますとページに移動します。

City'super 2016年3月4日

****************************************************************************************************
4月9日(土)は李白蔵開き




味醂を搾りました!

とろり~としています。


今年増設したこの昔ながらの機械で搾ります。


袋の中に味醂のもろみを入れ…


並べていきます。


じわ~っと圧力をかけてやると、
あの、味醂が搾られます。

蔵の中は味醂のいい香りでいっぱい!
このフレッシュ味醂粕で料理したいな~。

李白で初めて蔵開きを行います!!



蔵開きでは李白酒造敷地内で、李白の酒にまつわるアレコレをお楽しみいただけます。
今企画を練っている最中ではありますが…

[ 催し ](予定)
・酒蔵内くるり探検(無料)
・蔵開き限定酒の販売
・お楽しみ福袋の販売(数量限定)
・酒粕詰め放題
・酒粕簡単利用方教室
・90ml有料試飲
       などなど

[ 食と物販 ](予定)
・つまみアレコレ(やだパン)
・スティックケーキや李白味醂のロールケーキなどなど(Y's collection)
・豆腐コロッケや肉みそのはさみ揚げなどなど(だいず村)
・作家さんの手作り酒器いろいろ(もめん屋)
       などなど

ご家族でお楽しみいただけるように考えておりますので、どうぞお誘いあわせの上ご来場くださいませ。
詳しい内容につきましては決まり次第HPのイベント情報にUPしていきます。

日 時: 2016年4月9日(土)  10:00 ~ 15:00
場 所: 李白酒造敷地内
     (松江市石橋町335)
・入場無料
・当日お車でのご来場は固くお断り申し上げます。
・自転車、バイクの飲酒運転も絶対にしないでください。



明日、2月25日(木)~2月28日(日) の期間、東武百貨店船橋店にて試飲販売を行います!



期 間:2016年 2月25日(木)~2月28日(日)
場 所:(千葉) 東武百貨店 船橋店
商 品: 下 記

● 李白 大吟醸 月下獨酌 (720ml)
● 李白 純米大吟醸 (720ml)
● 李白 大吟醸 (1800ml)

● 李白 純米吟醸 生酛仕込み こだわり (1800ml、720ml)
● 李白 特別純米 やまたのおろち (1800ml、720ml)
● 李白 純米吟醸 しぼりたて (720ml)
● 李白 純米酒 しぼりたて (1800ml、720ml)
● 李白 純米 にごり新酒 (720ml)


の商品が並びます。
ぜひお試しだけでもおいで下さいませ!
お待ち申し上げております。
<< 前のページ 次のページ >>
プロフィール
HN:
りはく
HP:
性別:
非公開
職業:
造り酒屋
自己紹介:
島根県松江市で125年間日本酒を造っております。
銘柄は「李白」。
このブログでは「李白」で起こったあれやこれや、いろいろ紹介していきます。

島根県松江市石橋町335
(代表:0852-26-5555)
(試飲コーナー:090-9733-8539)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 9 10 11 12
13 14 15 17 18 19
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[07/06 一文字]
[03/20 ケロちゃん]
[01/23 ケロちゃん]
[08/12 ケロちゃん]
[02/26 ケロちゃん]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]