- 李白 蔵元日記 - 袋吊り 忍者ブログ
島根県の地酒、李白酒造の蔵元による日記    李白のあれこれや、日本酒のあれこれを紹介します
[490]  [489]  [488]  [487]  [486]  [485]  [484]  [483]  [482]  [481]  [480

先日、袋しぼり体験しませんか!?とお誘いをしましたが…

本日は袋吊りの日でした!(体験じゃなくて)

タンクの中にもろみの入った布袋が吊り下がってます。↓



35%精米の大吟醸もろみをこの方法で絞ります。
そこら中大吟醸の香でいっぱいです。
呼吸するだけで体中隅々まで入っていくような…。

さて、そんな環境で、
まずもろみを袋に入れます。



こぼれないように、でも手早く。



袋にもろみが入った瞬間から布の目を通してお酒が垂れるわけですから、速吊しに入ります!



もろみは米がドロドロに溶けた液体ですから、袋に入れてすぐが一番袋の外に液が染み出してくるわけです。
(少し時間がたつともろみ中の米の溶け残りがフィルターの役割をして、ゆっくりと濾されていきます。)

袋を手渡されたら、落とさないように吊します。
落としたら大変です。
これまで垂れて溜まっていたお酒が全部おじゃんです。
怖すぎます…。



とても手はたくさんいりますが、その分本当にキレイな味わいのお酒が搾り上がります。



このお酒たちも出荷まではまだまだ時間がかかります。(適度に熟成させるためです。)
時間の経過を経てどんな酒になるか、とても楽しみです!!

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
めっちゃ緊張!
「溜まっていたお酒が全部おじゃんです。」
3年ぶりに体験します。前回は全くの無知
日記を熟読したら何か怖くなってきました。
力持ちなんで今回も多分吊し係頑張ります。


ケロちゃん 2015/02/25(Wed)22:43:45 編集
ケロちゃん さま
参加申し込みいただき、ありがとうございます!
皆さんに楽しく体験していただきたく、プレッシャーのかかるようなことは言わないようにいつも避けておりますが…。ごめんなさい!こんなところでプレッシャーをかけてしまいました!!(笑)
忘れて、楽しく参加してください!
【2015/02/27 08:46】
プロフィール
HN:
りはく
HP:
性別:
非公開
職業:
造り酒屋
自己紹介:
島根県松江市で125年間日本酒を造っております。
銘柄は「李白」。
このブログでは「李白」で起こったあれやこれや、いろいろ紹介していきます。

島根県松江市石橋町335
(代表:0852-26-5555)
(試飲コーナー:090-9733-8539)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]