- 李白 蔵元日記 - VINEXPO2015 その1 忍者ブログ
島根県の地酒、李白酒造の蔵元による日記    李白のあれこれや、日本酒のあれこれを紹介します
[507]  [506]  [505]  [504]  [503]  [502]  [501]  [500]  [499]  [498]  [497


二年に一度のVINEXPO。
世界最大のアルコール飲料の展示会です。
出展者数2400社。

李白は例年通り6社(出羽桜、浦霞、惣誉、真澄、獺祭と)共同ブースでの出展でした。

↓会場入り口。



いや、入り口はあちこちにあるのですが…

会場が大きいのです。
とにかく。
大きいというより… バカデカイです。

VNEXPOの会場前でトラムを降りますと、桟橋があり、
それの上を歩きますと会場の正面入り口に到着します。

↓ 桟橋…長いです。
そして、向こう岸に見える建物(写りきっていないのでもはや建物に見えませんが)が会場です。

 

自分たちのブースに到着するまでにどれくらいの時間を要すことか…ふぅ。

5日間の開催が始まる前日、ブースの設営をします。
↓ まだ商品が届かず、空っぽのブース。
  しかも、Premium の m が壊れて無くなっている。うーん…



商品も無事届き、設営も無事(じゃない部分もありましたが)完了!



準備が終わりましたところで、今度は皆で遠足です!!
違う!お勉強の為、見学に行きました!

LILLET(リレ)の醸造所です。



リレって日本ではあまり聞きませんが、世界的にアペリティフ(食前)によく
飲まれているのです。
ワインの中にKINAという柑橘類の皮を入れたリキュール。



日本人には「薬臭い」といってあまり好かれないそうですが、
試飲させて頂いたところ、なんだかクセになりそうな要素がたっぷりでした。
(ウィスキーも薬臭い、正露丸的な要素がありますが、あれもクセになる系)
ワイン+甘さ+ミント系の爽やかさ+柑橘類の苦み+松のような香り
などなど、探せば色々な香りが出てくるリキュールでした。

↓それから、お次は貴腐ワインの試飲会



貴腐ワインってあまり口にする機会がないのですが、
きき比べてみると、本当に個性的で、自分好みのものを探すのが楽しくなります。

…ただ、私は時差ボケと貴腐ワイン独特の重みとで、
あまりたくさん試飲できませんでした。
モッタイナイ。

それからボルドー在住のPremiumSakeメンバーのお友達の家で
ホームパーティーを開いていただき、楽しく夜は更けていきました。


…なんだか、盛りだくさんに充実した一日をすごした開催前日ですが、
期間中はけっこう大変なのですよ。

その様子はまた。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< VINEXPO その2 HOME 地鎮祭 >>
プロフィール
HN:
りはく
HP:
性別:
非公開
職業:
造り酒屋
自己紹介:
島根県松江市で125年間日本酒を造っております。
銘柄は「李白」。
このブログでは「李白」で起こったあれやこれや、いろいろ紹介していきます。

島根県松江市石橋町335
(代表:0852-26-5555)
(試飲コーナー:090-9733-8539)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 6 8 9
10 11 12 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[07/06 一文字]
[03/20 ケロちゃん]
[01/23 ケロちゃん]
[08/12 ケロちゃん]
[02/26 ケロちゃん]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]