- 李白 蔵元日記 - 糠と格闘 忍者ブログ
島根県の地酒、李白酒造の蔵元による日記    李白のあれこれや、日本酒のあれこれを紹介します
[431]  [430]  [429]  [428]  [427]  [426]  [425]  [424]  [423]  [422]  [421
にほんブログ村 酒ブログへ

台風くるとのことで、なんだかちょっとジメッとしてどんよりな松江市です。

 

↑ これは精米所ですが、 おっと、シャッターが開いてますよ。

潜入しますと・・・。

精米機がドドン!




そして、その横、 糠がたまるタンクの前で・・・

糠の入った袋に乗って袋の上でグルグル回る人(製造部 岩成)がいる。



薄暗いこの精米所で、  今度は袋をけっている。




大丈夫? なんかあった?


お次は地面にたたきつけて・・・



岩成さん、病院行きませんか私も一緒行きますから。   


な~んて、言いたくなるこの光景ですが、日常の一コマでございます。
いや、日常的に病院行ったほうがいい方がいらっしゃるわけではなく、糠の処理作業の一つなのです。

米を精米して毎日出る大量の糠・・・。
これを処理するのも製造部の大切な仕事なのです。

糠はタンクから出され、袋に入れられます。


ぼふぼふーー!! って、すごい糠煙。
 

この精米機は米を「削る」のではなく「磨く」ことで精米しているので、糠の粒子が非常に細かく、
体につくと指紋やら毛穴やらに入ってなかなか取れません。
その上汗かくと粒子の細かい米粉パウダーが汗に溶けてものすごくべたべたする・・・。

けっこう大変なんです。

そして、糠の入った袋ははかりにかけられ・・・


重さをきっちり合わせられます。
 

そして、袋の口を縛られ、
成形!!

ドス!ドス!ドス!!!


この作業だったんですよ。

見てるととっても簡単そうなのですが、積んでも崩れないようにしっかりと形にするのは意外と
難しく・・・。 見てすぐできるものではありません。

そしてきれいに平らにしたら、積み上げて終わり。


力仕事!
お疲れ様でございました~!

李白ってどんな酒? → http://www.rihaku.co.jp/
李白の銘酒ランクに投票 →  http://www.finito-jp.net/vote1-1/comvote.cgi?id=rihaku
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
りはく
HP:
性別:
非公開
職業:
造り酒屋
自己紹介:
島根県松江市で125年間日本酒を造っております。
銘柄は「李白」。
このブログでは「李白」で起こったあれやこれや、いろいろ紹介していきます。

島根県松江市石橋町335
(代表:0852-26-5555)
(試飲コーナー:090-9733-8539)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 6 8
9 10 11 12 13 15
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
[07/06 一文字]
[03/20 ケロちゃん]
[01/23 ケロちゃん]
[08/12 ケロちゃん]
[02/26 ケロちゃん]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]