- 李白 蔵元日記 - 初しぼりの日 忍者ブログ
島根県の地酒、李白酒造の蔵元による日記    李白のあれこれや、日本酒のあれこれを紹介します
[539]  [538]  [537]  [536]  [535]  [534]  [533]  [532]  [527]  [529]  [528

そういえば… 新酒が搾り上がった日の話をしていなかった…。
画像だけが残っていたのですが。

初しぼりが搾られたその日、蔵の中はまんべんなくお酒の香りが充満していました。
槽場(ふなば=搾りをする部屋)ではちょろちょろとまさにお酒が搾れている音。

 



いい香り~♪
と思いながらカメラのシャッターを押していると、
製造部岩成の姿が見えました。

「どうも」と挨拶をした後、
柄杓を手に取ると、利き猪口に目の前で搾られている酒をうつし…



どこかに向かって歩き出したので、 思わず尾行。
まさかの盗み酒?
それはさせまいと、カメラを片手にいつでもシャッターを押せるように
身を構えながら尾行。



どこまで行くのか。



別に疑うわけじゃないけど、こそこそ後ろをついて歩いていると、とうとう最上階。



利き猪口を手に持った岩成は、そのまままっすぐ神棚に向かい、
献上。



あぁ、そうか。
蔵の神様に報告するためか。

近くで作業していた奥村も、手をとめて、一緒に手を合わせる。



あぁ、この光景。
すごく好き。

そのあと岩成に手渡されたのは瓶に入った初しぼりのお酒。

今日は社長が出張で留守だから、代わりに仏壇や奥の神棚へのお供えお願いしますね、と。

外はとっても穏やかな一日。
これから27年度のお酒が次々産まれ、忙しくなってくる、
その前兆のような静けさに感じました。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
りはく
HP:
性別:
非公開
職業:
造り酒屋
自己紹介:
島根県松江市で125年間日本酒を造っております。
銘柄は「李白」。
このブログでは「李白」で起こったあれやこれや、いろいろ紹介していきます。

島根県松江市石橋町335
(代表:0852-26-5555)
(試飲コーナー:090-9733-8539)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 6 8 9
10 11 12 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[07/06 一文字]
[03/20 ケロちゃん]
[01/23 ケロちゃん]
[08/12 ケロちゃん]
[02/26 ケロちゃん]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]