- 李白 蔵元日記 - 袋吊り 忍者ブログ
島根県の地酒、李白酒造の蔵元による日記    李白のあれこれや、日本酒のあれこれを紹介します
[551]  [550]  [549]  [548]  [547]  [545]  [546]  [543]  [544]  [542]  [541

上槽(酒を搾る)方法のひとつである袋搾り、
その袋搾りの中でも袋吊りという方法で大吟醸を搾りました。

毎年この時期、大吟醸の中でも35%精米のお酒を搾るのですが、
35%精米で、一番手のかかる製法の工程を経、程よく発酵した醪は、
一番手のかかる方法「袋吊り」で搾り上げます。



布の袋に醪を入れ、吊るす。
と、液体(酒)は布の目を通りタンクへ、個体(酒粕)は布の中に残り、分けられます。



この方法は圧力をかけずに、自然に分離されるため、
味わいキレイに、そして香り豊かに仕上がるのです。

しかし、この作業、結構大変なんですよね~…
醪の入った袋はすごく重いし、はじめに吊るしたものと最後に吊るした袋に
時間差が一秒でも無いように、スピーディーに作業を行い…
ですが、もし醪の入った袋を手を滑らせてタンクに落とそうもんなら、
すべてやり直し…どころか、品質が落ちる。
かなり神経を使うのです。

大変な作業だけどどこか、楽しそう…。
そこが李白らしいかな~。



今年もいい具合に搾り上がりました。



搾り上がってからの管理も大切。
搾っりあがったからといって気は抜けません。

しばらく斗瓶に入れて寝かせます。

お酒さん、また会う日まで。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
なんか癒される♪♪♪
逢えるぅ~時まで♪♪♪別れの???
おやっつぁん?の表情がいいねぇ
ケロちゃん 2016/02/20(Sat)06:32:21 編集
ケロちゃん さま
「くぅ~!」の表情は頭(かしら)でございます。
重いんですよ~。ご存じのとおり。
また逢う日まで~。お楽しみに!!
【2016/02/24 11:53】
プロフィール
HN:
りはく
HP:
性別:
非公開
職業:
造り酒屋
自己紹介:
島根県松江市で125年間日本酒を造っております。
銘柄は「李白」。
このブログでは「李白」で起こったあれやこれや、いろいろ紹介していきます。

島根県松江市石橋町335
(代表:0852-26-5555)
(試飲コーナー:090-9733-8539)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 6 8
9 10 11 12 13 15
16 17 19 20 21 22
23 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
[07/06 一文字]
[03/20 ケロちゃん]
[01/23 ケロちゃん]
[08/12 ケロちゃん]
[02/26 ケロちゃん]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]