- 李白 蔵元日記 - 生まれました 忍者ブログ
島根県の地酒、李白酒造の蔵元による日記    李白のあれこれや、日本酒のあれこれを紹介します
[587]  [586]  [585]  [584]  [583]  [582]  [581]  [580]  [579]  [578]  [577
大吟醸の発酵が上がり、本日上槽(搾り)を行いました。
この大吟醸は「袋吊り」という方法を使って無加圧で搾りる、特殊なお酒です。

数ある酒の中でも、一番手のかかるこの大吟醸を搾る日は、やはり皆気合いが入るものです。



声を掛け合いながらスピーディーな作業を心がけます。

搾り上がった酒を受ける「斗瓶」もスタンバイ完了。



もろみを袋に入れ、タンクに吊して行くと、中で酒が搾られているキレイな音が聞こえてきます。

搾られ、いよいよ斗瓶(一斗=十升 容量の瓶)に取り上げられるこの音、御馳走です。
この時を心待ちにする蔵人たち。
安堵とわくわくが共存する瞬間です。



(↑とった画像の下の方が若干ちょん切れてしまいました。
ちゃんと見たい方はこちらへ→ Facebook 李白のページ



まだ寝かせますので、商品になるのはまだ先です。
その時までまだまだ、お楽しみ♪


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
りはく
HP:
性別:
非公開
職業:
造り酒屋
自己紹介:
島根県松江市で125年間日本酒を造っております。
銘柄は「李白」。
このブログでは「李白」で起こったあれやこれや、いろいろ紹介していきます。

島根県松江市石橋町335
(代表:0852-26-5555)
(試飲コーナー:090-9733-8539)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]